2008年10月19日

The Japan Times

金曜日の話です。

Academic Englishという英語の授業の後、レースに関する用事があって次週の授業には来られないという旨を先生に伝えに行ったところ、先生に「そういえば、Japan Timesに君の名前が載っていたぞ。」と言われました。

???

Japan Timesとは、日本で売られている有名な英字新聞です。そんな訳はないと思って、

「あ!それはたぶん僕じゃなくて兄だと思いますけど…?」と言ったら

「確かにお兄さんの記事だけど、その中に君の名前が載っていたんだ。インターネットにはまだ記事が残っているんじゃないかな。」と言われました。

早速確認してみると…

ありました。Daisukeの文字が。笑

外国人の先生方は、スポーツをするなら学校は諦めて、スポーツだけに集中するのが当たり前だというように考えている方も多く、僕のように部活でもないレースと大学を両立させて…というのをあまり理解して頂けない場合もあって、「Hobbieだろ?」と言われてしまうこともありました。

英語で細かいことを説明するのも難しく、「うーん、Hobbieではないんだけど…なんというか…」と困っていました。

しかし、この少なくとも先生はこれからも快く欠席を認めてくれそうです。ありがたい!

こういうのを兄の七光りとでも言うんでしょうか。笑

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/sp20081011a1.html
【関連する記事】
posted by 中嶋大祐 at 12:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。