2009年05月11日

IMG00043-20090503-1823.jpg

この前ガソリンスタンドで給油した後に会計をしていたら、レジの店員さんに「いい車だね!俺もあんな車乗りたいよ」と言われました。

どんな車かといいますと、ホンダCR-Vです。イギリスではホンダさんから貸して頂いています。

実は日本でも色違いのCR-Vに乗っているのですが、大きな部分ではエンジンやミッション、細かい部分ではウィンカーの位置などが異なっています。

ヨーロッパでは、ディーゼルエンジンの車がかなり普及しています。ディーゼルエンジンは燃料として軽油を使用します。日本では軽油というと一番値段が安い燃料というイメージがあると思いますが、なんとこちらでは軽油が一番高いのです。

燃料価格の序列はプレミアム軽油>軽油>ハイオク>レギュラーとなっています。

何とも不自然な感じがしますが、ディーゼル車はガソリン車に比べて燃費がかなり良いので、例えば1か月の燃料代を比べてみると結果的にはバランスが取れているのかも知れません。

需要が大きいので自然と値段が上がっているのか、税率で意図的に調整しているのかはわかりませんが、とても合理的な気がします。

写真はシルバーストンでのレースの後、片付け中に撮りました。遠近法のせいで比較がしづらいですが、レーシングカーの車高がいかに低いかがわかると思います。
【関連する記事】
posted by 中嶋大祐 at 23:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

しかし表彰台は遠く

決勝はレース1が6位、レース2が4位でした。

結果は開幕戦と似ていますが、内容は今回の方がかなり良かったです。内容が良かった分だけ悔しさもありますが・・・

特に、2つのレースを通じてこれまで抱えていた慢性的な問題を解決することが出来たので、大きな収穫を得られた週末だったと言えるでしょう。

レース2では表彰台まであと少しでした。最後の数周のラップタイムは3位を走行していた選手よりも僕の方が1秒ほど速く、みるみるうちに差が縮まっている状況でした。チェッカーを受けた時には0.2秒しか差がなかったので、本当にあと1周あれば・・・という表現がぴったりです。

現時点での目標である表彰台は次回以降に持ち越しとなってしまいましたが、チーム全体の力は前回よりも増していると思うので、この流れを維持したまま次回のレースに向けて準備を進めたいと思います。
posted by 中嶋大祐 at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

Qual.

今回の予選は1回目が4位、2回目が6位でした。

結果自体は前回の予選と似ていますが、今回は悔しい気持ちが強いです。

というのも、特に予選1回目では車の状態が非常に良く、ポールポジションも十分手の届く位置にあったからです。

今回は作戦負けをしてしまったように思います。僕らはアタックをするタイミングで他のチームと異なる作戦を取ったのですが、結果的にはそれが2回とも裏目に出てしまいました。

それにしても・・・僕の予想に反して、相変わらずタイムがとても拮抗していて驚きました。特に1回目の予選では1位から5位までわずか0.1秒強の差しかありません。チームも、エンジンのメーカーも、ドライバーも違う5台の車が1周5km以上もあるサーキットを走ってタイム差が0.1秒しかないというのは、不思議ですらあります。

あらためて、やりがいのあるレースです。
posted by 中嶋大祐 at 02:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

いよいよ

同じタイトルの日記を前にも書きましたが・・・2度目のレースウィークがやってきました。

今回はシルバーストンでのレースです。日本で言うところの鈴鹿サーキットのように、イギリスで一番有名なサーキットです。第2次世界大戦中に空軍の飛行場だった場所が改修されてサーキットとなったそうです。イギリスでは割とこうした例が多いらしいのですが、少し感慨深いものがあります。

また、普段とは違い今回はFIA-GT選手権との同時開催です。先程パドックを少し歩いてきましたが、普段よりも国際色が豊かで華やかでした。

ちなみに、シルバーストンでのイベントの時はドライバー以外のチームメンバーはみんな自宅通いです。確かにチームの工場から車で1時間程なのですが、それでもレースの週末はいつも朝早く夜遅いので、大変です。みんなの働きに報いるためにも、頑張らなければ。

さて、レースに向けてですが、不安でいっぱいです。特に具体的な不安要素があるわけではありませんが。本当に接戦ですので、何が起こるかわかりません。自分が3位だった第1戦の予選の結果を見てみても、一歩間違ってあと0.1秒遅ければ6位でした。

今回はシルバーストンのグランプリコースで全長が長いため、もう少し差が開くかも知れませんが、どちらにしても予選では最後の最後まで気が抜けません。

こんな事を書いていたら少し緊張してきてしまいましたが。笑 まずは、明日のフリー走行で良い感触を得ることが出来るように頑張りたいと思います。

posted by 中嶋大祐 at 22:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

週末

IMG_3519.JPG IMG_3575.JPG

本当は自分のレースがあるはずの週末でしたが、前に書いた通り延期となってしまったので、代わりにレース観戦をしてきました。

今回行ったのはブランズハッチというサーキット。1978年に僕の父親が初めてのヨーロッパ遠征で大クラッシュをしたサーキットです。

ちなみに、僕のチームにはロブ・ウィルソンというドライビングコーチがいるのですが、彼はこの時父親と同じレースに出ていたそうです。僕と初めて会った時「君のお父さんはブランズハッチで僕の上を飛んで行ったんだよ」と話してくれました。笑

インターネットで少し調べてみたら・・・ありました、当時のリザルトが。http://www.formula2.net/F378_GB19.htm

2人の名前を見つけることが出来ます。世界は(レース界は?)狭いですね。

本題から少し外れてしまいましたが、ブランズハッチに行ったのはチームでメカニックをしているサムのお父さんがこの日開催されていたアマチュアレースに出場していたからです。

写真の赤い車に乗っているのがそのお父さんです。これはキットカーで、組み立てから自分で行うようです。

この日は天気もよく、サーキット全体がほのぼのとした雰囲気に包まれていて、とても気持ちが良かったです。
posted by 中嶋大祐 at 08:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。